あなたの生活を守る保険

保険相談の仕方

保険相談を利用して保険の仕組みから説明

保険の手続きを行う

いきなり保険相談では保険商品比較をしないのです。例えば生命保険相談です。もし死亡や重度障害になった時に残された遺族が路頭に迷いますので、子供が小さいうちは保障額も多めに用意しておく必要があります。しかし、それをすべて保険で準備するのでしょうか、社会保障制度を確認すると健康保険、厚生年金、国民年金、介護保険があります。国民年金からは、遺族年金、厚生年金からは遺族厚生年金が支給されて、子の人数に応じて加算もあります。これらを含めずに保障額を計算されていると保険料は高くなります。

保険を相談するのが人気の理由

最近保険見直しをしましょうなど、保険相談が人気となっています。これまで、保険というと販売される勧誘されるといったことだけで、その後はほったらかしでしたので、それを相談できる人がいなかったからです。販売や勧誘する仕事も今後どんどんインターネットでできるようになりますので、営業の仕事をする人数が減ってくる代わりに、今度は選んだ商品が果たして正しいのか保険相談に乗ってくれる人がいることが重要になってきます。ファイナンシャルプランナーに家計の相談となると、お金持ちや資産家が相談するといったイメージがありますが、実際に相談をしているのは20代から60代のごく一般の家庭の人たちです。今後はファイナンシャルプランナーに相談するのが主流になってきます。