あなたの生活を守る保険

自転車の危険性

書類を作成する

自転車は私達の身の回りでよく利用されている乗り物です。
街中で自転車に乗っていると、車や人に接触しそうになってヒヤッとした経験があるという人も少なくありません。
自転車は、自動車と異なり免許がなくても街中を走らせることができます。
しかし、免許がないため無茶な走り方をしている人も多いです。
自転車は早いスピードが出るということも特徴です。万が一接触した場合、相手側にも自分側にも大きなケガに繋がるようなこともあります。
過去の判例で、非常に高額の慰謝料を支払うようなケースも出てきており、自転車に乗っている際の危機管理はとても重要なものになっています。
自転車に乗ることにより、自分や相手側を傷つけてしまうかもしれないということを意識して安全に自転車を乗って行くことが大切です。

自転車運転中に万が一、自転車同士の接触や自分が相手を傷つけてしまったというときのために自転車保険が用意されています。
自転車保険は、自分が自転車に乗っていた場合だけでなく、自分が歩行中に相手自転車と接触したというような場合も利用することができます。
また、自転車保険の中には、自転車に関係なく、交通事故全般をカバーしてくれるような保険もあります。車との接触事故や、駅構内でなにかしらの事故が起こった場合等に使うこともできます。
また、自転車単独事故の場合も補償があるというものが多いです。自転車保険のなかには、非常に幅広くカバーしてくれるような保険も多いです。