あなたの生活を守る保険

代わりに対応できる

ハンコに朱肉を付ける

もし、万が一自転車に乗っており、事故を起こしてしまったという場合、慰謝料等を相手側と話し合う必要があります。加害事件を起こした際に、相手側と話し合いを行なうことはとても難しいことです。そのような時に、自転車保険に加入している場合、保険会社が代わりに代行を行なってくれるサービスがあります。示談代行というサービスで、相手側と解決に向けて交渉を行なうというサービスです。示談代行は、行なってくれる場合と行なってくれないことがあります。保険の契約をする際に、しっかりと確認を行なうことが大切です。なお、自転車保険に示談代行サービスがあっても、場合によっては発動できなこともあります。サービスの有無だけでなく、どのような時に示談代行サービスを行なってくれて、どのような場合は対象外かも確認していくことが大切です。

自転車保険には、自転車系の事故だけでなく日々の賠償事故も対応を行なってくれる場合もあります。止まっている自動車に接触して傷をつけてしまったというような場合や、飼い犬が人を噛んでケガさせた場合、洗濯機の水漏れで階下が水浸しになってしまった場合等、さまざなお金が出て行くような場面で利用することができます。また、お土産品店等で高級な置物を落として弁償することになってしまった場合や、国内や海外でのトラブルにも対応を行なっているという非常に幅広い補償になっているものもあります。なお、保険の種類によっては、原付バイクでのケガも補償の対象になっていることもあります。自転車や原付バイクしか運転しないというような人にも対応しています。